fc2ブログ

 

もうそうのはてにながれでたことばをもそもそと
 

 

 
ようこそいらっしゃいませ。
妄想から生まれたちょっと暗め?の恋愛?に関する言葉の羅列を綴っています。
当ブログの詳細については追記にて。
(この記事の追記は随時必要に応じて改訂されます)

少しでも何か感じていただければ幸いです。

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村(↑興味がお有りでしたら是非どうぞ) 

>>>Read more

スポンサーサイト



 

 

 

 
嘘だと言ってくれなかった。

それが全てだった。 

 

 

 

 
そして
残ったのは
粉々になった欠片だけ

いっそ跡形もなく
消え去ってくれれば
よかったのに

無残に転がる
たくさんの残骸が
私の再生すら
許してくれない、


私を導くのも
私を救うのも

私を縛り続けるのも

すべて
あなた だけ

あなただったもの だけ 

 

 

 

 
自由などない
未来などない
救いなどない

でも

愛だけはあった の 

 

 

 

 
つらい時ほど
苦しい時ほど
あなたが
笑顔を見せてしまうこと

知っていた、

はず なのに 

 

 

 

 
言えば叶う。
あなたは叶えてくれる。
心から望むことを。
だけど言わない。
叶えてくれるからこそ。


   *


何も言わない。
きみが知っていること。
だけど言わないこと。
すべて分かってる。
だから何も言えない。 

 

 

 

 
ちっぽけな世界の中で
ちっぽけな二人を抱いて
くだらない幻想でも
くだらない願望でも

それでも

それがすべてだった
それだけがすべてだった

壊れてしまった今でも
失ってしまった今でも

すべて、だった 

 

 

 

 
伸ばした手を
戻すことにばかり
慣れてしまった。

隣にいられるだけで幸せなのに、
それ以上を望むなんて。

(届いて欲しいなんて思わない。) 

 

 

 

 
こんなに胸が痛いのに。

こんなに息が苦しいのに。


あなたを
愛しているなんて、

そんなはず、 

 

 

 

 
与え続けてきた嘘と
隠し続けてきた真実を

選び取る強さが
君に
なければよかったのに

こんな贖罪なんて
こんな欺瞞なんて
こんな自衛なんて

こんな
君への想い なんて

ずっと
知らないままでいてくれたなら
よかったのに 

 

 

 

 
するり、
とほどけて
自由になってしまった

ねえここにあったのは
ただ苦しいだけの鎖だったの、
それとも
口付けて愛でる赤い糸だったの、

もう
答えてくれる声も
ないけれ ど 

 

 

 

 
そうやって。

あなたは線を引いてしまう。

気付かないようにやんわりと、
けれど容赦ないくらい正確に。

他人との間に、
線を引いてしまう。

時にすらりと。
時にざらりと。

どうして独りを好むのだろう。
どうして嘘ばかり吐くのだろう。

一体誰が隣にいれば、
あなたは変わるのだろうか。


(僕が隣にいるだけでは、
 あなたは何も変わらないのだろうか) 

 

 

 

 
幸せだと嘘をついた

愛してると嘘をついた


そうしないと
本当に
そうなってしまいそうだったから 

 

 

 

 
間違っていた私が
選べてしまった
正しい答え

正しかったあなたが
出してしまった
間違った答え

その、
行き着く先は同じだと

――もう
二人とも知って、いる 

 

 

 

 
あなたを誰よりも
憎む。


あなたを誰よりも
愛するために。 

 

 

 

 
この
どうしようもない
衝動を

巨大で
真っ黒で
ドロドロと
煮詰めたような
救いようのないほど
純粋で一途な

あなただけに向くこの衝動を

あらわす言葉が
見つからない、の 

 

 

 

 
辻褄合わせでも。
誰かの代わりでも。

それでもいい、
なんて、

本音。

嘘。

ねえ、
行き場がないの。 

 

 

 

 
こんなものを
「愛」
と呼ぶ

勇気などない、けれど。 

 

 

 

 
くだらない、
と笑われようとも。

理由、なんて。
今更だ。

どんなに繕っても、
どんなに嘯いても、
この気持ちは。

あなたに届かないまま、
踏みにじられるのだとしても。

――理由、なんて。
今更だ。
滑稽なほど。 

 

 

 

 
全て喰らい尽くした筈なのに
見つからない の

いちばん大切な

あなたの心臓
だけ、が 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2024 あなたしか、, all rights reserved.